2018/06/11

Leeds Wool Festivalに行ってきました。

6月初めの土曜日、去年も行ったLeeds Wool Festivalに行ってきました。
会場は元紡績工場、今はインダストリアルミュージアムになっています。

去年はとてもいいお天気でしたが、今年は雨。
去年は一人で会場入りしたんでしたが、ワンマンにたっぷり嫌味言われたので
今年は一緒に行きました(^-^;


元紡績工場で使っていた機械が展示してあるなか、ミュージアムの何か所かで
お店が出店しているのですが、ぎゅっと詰め込まれた感じで
会場に詰め掛けた人も結構いて会場内ぎゅうぎゅうでした。

会場でアンティークの結構大きな糸巻きを売っているお店があって、
2周目でもう一度戻ってあったら値段を聞こうと思っていたのですが、
売り切れ。。。そこだけちょっと心残りです。。買えばよかった(+o+)
欲しいと思ったら即決ですね、こういう会場では。

今回ワンマンも一緒に行ったのは会場が結構趣があるから、
買物は楽しめなくても会場の中は楽しめるだろうと思ったのと、
Ravelryで親交のあるaikoさんも来るとメールでやり取りをしていて
私が買い物に夢中になっている間に
aikoさんがいるか探してくれるかもと思ったから。
思惑通り私が買い物に夢中になっている間に
見つけてくれて引き留めてくれていました(笑)

会場でワンマンにあれじゃない?とか言われて全く違う人に
aikoさんですかぁ???と声をかけてドン引きされるという
ハプニングはありましたが、
(違うと思ったんだけど、ワンマンが声掛けてみろって言うからさぁ…。)
かなり混みあった会場で無事aikoさんを探し当て、
はじめましての挨拶も早々、買ったもの自慢(笑)
とにかく会えてよかったです。

今までメールでニットショーの日程教えてくれたり、
行った事後報告したりはしていたんですが、
今まで同じニットショーに行く機会がなかったんです。
3年越しくらいでやっと会うことが出来ました。

来月遊ぶ約束したので、ちょっと今から楽しみです。


会場の様子です。今回は出店していたお店は撮ってないです。
ミュージアムのみ。

古い機械、このレトロな使いこまれた感じがいいですねぇ。
昔父方のじいちゃん家が機械で機織りしてたんです。

なんか、こういうの家にあったんですよね。
(もう少し簡単な作りのだけど…。)
白いカセ糸とかも軒先につるしてあったりして。。。
だから、こういう古い機械を見ると機械油の匂いと共に
小さい時のことを思い出します。
毎回じいちゃんちに行くのが本当に楽しみで楽しみで仕方なかったなぁと。


昔のミシン。あぁ素敵ですね。。。


これは大きなハサミのオブジェ。

昔のタイムシート。



会場の外にはアルパカも来ていてそれを見に行ったのですが、
雨が激しくなってきたので、さっさと車に戻るワンマン。
後ろから激写してやりましたよ(笑)



今回は去年買った糸が編まずに残っているので糸は買わない。。。
とか思っていたのだけど、
会場の熱気とかに飲み込まれやっぱりちょっと
買ってきた(笑)

左端は半額になっていたアラン。
これで帽子を編んだらいいかもと思って
買ってきました。(自分のじゃなくてワンマンの)

他3つはソックヤーンです。
WYSのソックヤーンは一目ぼれ。
派手派手じゃない色に惹かれました。
そしてボタンやらドーセットボタンのキットやら細々したもの。

糸の下に敷いてあるのはラグのハギレ。

猫たちが気に入るんじゃないかなと思って
会場を2周したところで最後の一つ残っていたのを
使わなくてもまぁいいかという
値段だったので手に入れました。


この方、早速使ってます。ジャストフィットです(*^_^*)
BarbieはGabbyがいない隙にちょろっと座ってました(笑)
新しいものは何でもGabbyがぶんどる。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


0 件のコメント:

コメントを投稿