2018/02/02

実家の解体を依頼中

毎年大体3月に一時帰国をしています。

今年は今回の一時帰国に合わせて空き家にしている実家を
解体する方向で話を進めています。

父はすでに亡くなって6年程、
事情があり母は長期入院中、今後も一人暮らしが出来るとは思えず、
今後は施設を探すつもりなので空き家にしている実家に
戻ることはもうないと思っています。。

一時帰国の航空券を手配する時期が真冬の真っただ中だというのもあるのですが、
とにかく空き家にしている実家のこと、母の今後をどうするかが精神的に負担で
正直毎年の一時帰国を考えると気分が重くなり、毎年ナーバスブレークダウン寸前。
(ま、帰ってしまえば一時帰国後半戦は買物したり、
お友達と会ったりして楽しく過ごしているのですが…。)

母の今後についてもどうしたらいいか、どういうことが出来るのか
分からないことだらけで不安ではあるのですが、
それと同じくらい、もしくはそれ以上精神的に負担になっていたのが
空き家にしている実家の事。
やっとその現実を直視することが出来た感じです。

今までももし家が火事になっていたら、放火されてたら、
台風が来たというニュースを見れば倒壊したりして近所から
クレームが来たら…と気に病むことが多かったんですが、
やっぱり家に対して母が思い入れもあるだろうし、実際母の物なので
簡単に解体するという話がなかなか出来なかったんです。

もともと相続したら更地にして…と思っていたところもあったし。。。
でも、平均寿命から考えたら相続して更地にするまでには
10年以上。そのまま空き家で放置出来る年数じゃないなと。

更地にすれば、今後まとまったお金が必要になった際にも
土地を売って少しは工面できるのではないかなと。


始めは空き家を引き取ってもらう条件で土地ごと売却できないか…とか
も探したのですが、色々考えてまずは更地にするのが、母の説得も含め
一番スムーズに行きそうだなと家の解体をお願いすることにしました。

叔母さんにも手紙で説明し、母の説得をお願いし、私からも電話で説明したら
なんとか母にも分かってもらえたようなので(とりあえず今のところ。)
今、業者さんを紹介してもらいやりとりしているところです。

叔母さんに手紙が届くころ電話をしたら近所からやんわり言われるとか
やっぱり言われ。
なんでもっと早くいってくれないんだよと思わずキレそうになりましたが…(笑)

とにかく、来週外観を見てもらってざっくりとした見積もり、
一時帰国中に立ち合いで家の中を見てもらい正確な見積もりを頂いて、
契約まで出来るかなと考えています。

家の解体なんてそうそう人生の中で何回も経験するものじゃないから、
何をどう検索したらいいかから迷いましたが、
とにかく調べてみて良かった。
ネットの解体業者紹介サイトから紹介してもらった業者さんも
今のところメールでのやり取りもしっかり対応してくれ、一安心。

とにかく、解体すると自分の中で結論が出た時点でかなり
肩の荷が下りた気分です。
正直家に対する思い出とか、思い入れのような感情は
もっと後になってから出てくるのかもしれないなとは思いますが、
今はそれより、契約までスムーズに進むといいなというのが
一番思うところ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


2 件のコメント:

english-daisy さんのコメント...

こんにちは。

解体することにしたのですね。
日本では、空き家はいろいろと問題になってますよね。

古い家は価値がないから、私も更地にしたほうが売りやすいと言われました。
思い出のある家がなくなった後のお母様やひろこさんの気持ちを考えると、辛いですね。
一歩前に進んだと、ひろこさんの決断を支持します。

日本だから、解体の契約はスムーズに運ぶと思います。
それも含めて日本では忙しいし気苦労もあると思いますが、楽しんできてくださいね。

ひろこ さんのコメント...

そうですよね、空き家問題ちらほらニュースでも見かけますよね。でも驚くほど自治体の補助金とかサービスとかがなくてびっくりしました。ネットで今は何でも検索したり依頼したり出来るから便利にはなりましたけどね。私の体力、気力のある今のうちにやらないとと思って決断しました。とにかく、先に進むことが決断出来て良かったと思っています(*^-^*)