2018/07/15

刺し子糸、巻き巻きしました。

週末刺し子糸の巻き巻き作業をしました。

糸は刺し子便でがっつり買った糸たちと
去年knitting&Stitching showで買ったシルクの刺繍糸。

眺めてニヤニヤ、触ってニヤニヤしていたのをまとめて巻き巻きしました。

巻き巻きすることで、買って終わりじゃなくて、
大事に使おうっていう意思表明している感じ。

巻き巻きすると、特に段染めの糸は糸の表情が変わるのが好きです。
カセのままだとこれ、あまり好みじゃないかなと思った糸も
巻くといいかも!に変わる。

これ、kazuさんの糸。手前左側の緑色の糸が今回いいかも!に変わった糸。
これだから段染めはやめられません。


そして店が開けるくらい買った飛騨刺し子の糸。
綺麗な感じの水色も買ったら良かったぁと後悔しきり。
次の機会に買い足したいと思います。





こちら、去年のknitting&Stitching showで買ったシルクの刺繍糸です。
小巻なので、ふきんはさせないけど小物を作るときに使おうと思っています。


そして正子さんの草木染め。おまけで頂いた段染めがやっぱり巻くと可愛くて
紺地の布にいいかもと思っています。


インスタとかで可愛い糸玉にしているのも見かけるのだけど、
私は不器用なので、糸玉ができなくてキィィイとなりそうなので、
糸巻き台紙を一時帰国の時にたんまり仕入れました。
台紙にどこの糸とか書き込めるので買って正解でした。






にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

2018/07/10

刺し子便2018届いた(≧▽≦)

一時帰国の時に催事3日目に行ったらすでに糸が売り切れで
消化不良のままこちらに戻って来て、
3月終わりか、4月の初めにメールオーダーしていた
アトリエKazuさんの糸発送のお知らせを5月末にもらい、
それが、海外配送をお願いしている業者さんに届くのと同時に
あれこれ買って刺し子便2018にしてみました。

5月は買物の神様が降りてきていたらしく物欲マックス。
実は刺し子便の他にこれと同じくらい大量の刺し子以外の買い物をして
お友達のお家に送り付けています(≧▽≦)
そっちは時間差で船便で8月末頃到着予定(笑)

今回メールオーダーからも結構時間経っているし、
個数限定で販売していただいた草木染の糸と晒も荷物に入っているので
一日でも早く手元に欲しく航空便指定にしました。

送りましたという連絡をもらってからイギリスに到着するまでは
とても速かったんです。金曜発送の月曜着。
そこで税関に引っかかり1週間くらい留め置き。。。。

その間毎日会社で荷物追跡してたんですが、待っている間の長い事長いこと。
やっと関税払えっていう通知が来たので払ったら翌日届きました!
地獄の沙汰も金次第ですね。まさに。

いつも、といっても年に1,2回なんだけど、お世話になっている
こぐま便という業者さん、とても親切なんです。
問い合わせの対応も素早いし、
届いたものをページに写真をアップしてくれるのもとても助かる。

そしていつも荷物と一緒に手書きの一筆が入っているのもなんだか嬉しい。
送るまでになにかやり取りしているとその事を担当者さんが覚えてくれていて
誕生日までに届くといいですねとか
ちゅーるは今回送れなくて残念ですとか。

今回の荷物も気を利かせてくれてかギフトにチェック入れてくれていたのですが、
過去の数少ないんですが経験値から、航空便でギフトにチェックが入っていると
税関で止められる率が高い。
船はあんまり止められないんですけどねぇ・・・。

次回お願いする時はSAL便か船便にして、
Personal belongingsって備考に入れてもらうように頼もうかなと思っています。

前振りが長くなりましたが、中身こちらです(*^_^*)
年に何回も買えないのでまとめ買いです、ええ。


まずはKazuさんの糸。
何をオーダーしたらいいか迷い、
紫系、青系、ピンク系あとお任せで6本。
紫がツボです。

自分で買いに行ったら選ばなそうな色も入っていて半分はお任せって
案外いいかもと思いました。

カセで見た感じと、巻いた感じ、また刺し子にした時で
印象が変わってくるので早く巻き巻きしたいと思います。



そして、こちら。正子さんの草木染。そろそろまとめて発送お願いしようかなと
思っているときに販売を知り携帯にアラーム設定までして
お買い物参戦しました。まだビニールに入ってるので分かりにくいですが
とてもやさしい色の晒と糸です。お母さまが染めていらっしゃるのを
少量ずつ不定期ですが販売されています。

私が海外なのでと、海外発送の業者さんの住所を伝えたら、
なかなか簡単に買う機会がないだろうと
ご厚意で追加でオーダーを受けてくださってちょっと多めに頂きました。

kazuさんの糸にしても、正子さんの草木染にしてもとても素敵な
材料を手に入れたので材料を活かせるように、刺し子頑張って腕を上げたい。


そして、こちら、kazuさんの糸が届いたら買おうと思って
色番号とか調べた飛騨さしこの糸。
お店開けるくらい買ってますね(笑)
ただ、買うときに舞い上がっちゃって、あの色買ったけどあっち忘れた・・・とか
なんでこの色買ったんだろう。。。というのも。
今回糸見本も買ったので次回はそういうことはない。。。はず。


そして印刷済みのふきん。
色々試したけどオリムパスとホビーラが刺しやすいので
今回は一時帰国で買わなかったオリムパスのふきんを。
一目ざしだのくぐり刺し、そして刺してみて楽しかった花刺しを追加。
いつもは売り切れの5mmドットもあったので白字と紺地を両方何枚か。
あ、ダルマの針も入ってますね。



そして刺し子本。
本屋さんの在庫がなく、せっかくだし送料無料まで買物と思って1冊は
編み物の本。

刺し子のふきんは電子書籍でも持っているのだけど、クラフト系の本って
実物大にコピーとか書いてあるので、電子書籍だとそれが出来ない。
なので、ポイントを使って紙媒体も買いました。

刺し子を楽しむこものはたまに遊びに行くブログ、キラキラのある日々の
yukoさんが作品を本に掲載されているのを知った時から気になっていた本。
刺し子便にするんだったらこれも入れよう♪と

スパイラルソックスの本はこの本が欲しかったんだけど、
書いてる人アンネ&カルロスさんだと思い込んでて・・・(笑)
あれ、違う人だって気が付いて自分の勘違いに笑っちゃいました。
昔、ビリージョエルのコンサートに誘ってもらって、出てきたのが
エルトンジョンじゃなくて自分の勘違いに笑っちゃったあの感覚に似ています。


そしてこちらも同じくYukoさんが便利とブログにupしていて
アイロン嫌いの私にはうってつけかもとピンときて刺し子便に追加。



そして最後チューリップの針!
この入れ物が可愛いですよねぇ・・・。ずっと眺めていたいんだけど
それはそれで買った意味がないんで泣く泣く箱は処分しました。
眺めてばかりいないで早速次のふきんから使おうと思います。

これ見えずらいんだけど、まち針






実は他にも他のまち針だったりおすすめしてもらったみすや針も
買おうかなと思ったけど、ちょっと買い物しずぎかな…
(という自覚はあるんですよいつも、一応。)と思ったので
次回のお楽しみにとすることにしました。

ブログに書くのも大変なほど、結構買いました。
いやぁ、買い物の神様、スゴっていう感じ(笑)
ちょっと早い誕生日プレゼントと思っています。


糸は巻き巻きしたら、またブログにアップしたいなと思います。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2018/07/09

ホスピタリティとか距離感とか

刺し子便がとどいた事とかベルファストに永住権の申請に行ったこととか
土曜日に編み友さんと会った話とか書きたいことが溜まってきたのだけど、
ワンマンと口論したモヤモヤした気持ちを先に吐き出しちゃおうと思います。

ということでここから先は愚痴です。




土曜日にマンチェスター近郊に住んでいる編み友さんとシェフィールドで会って
楽しかったなぁと余韻に浸りながら家に帰ってきたらワンマンから爆弾投下。

来週金曜日、フランスからイギリスに銀行口座作りに来る人が家に泊まるから!
だって。

え?と思ったんです。そのフランス人は友達ではなく、元嫁の紹介で
フランスの税金が高いから租税回避地的な目的でイギリスに拠点を持ちたい
っていうのでド素人のワンマンが
イギリスでの会社登記や銀行口座開設をサポートしてるのは
知っていたんです。

でも何でいきなり泊めるのって話ですよ。
スカイプやメールではやり取りしたことはあったとしても実際に会ったこともなければ、
何を生業にしているかもいまいちわからない人。
ただ、今までのやりとりからかなりお金を稼いでいる人だってワンマンが思っていて、
今後ビジネスパートナーになれたならって勝手にワンマンがそろばん弾いている。

だから今後につながるコネクションを作っておきたいっていうのは分かるんです。
でも、だからって、会ったこともない人を泊めるってどうなのって話。
とてつもない距離感だと思うんです。全く持って距離感ゼロ。

今までずっと見てきて思うんですが、ワンマンって猪突猛進というか
うまい話だと思うと必要なことがスコッーンと抜けるんです。

だいたい、万年工事中みたいなあれもこれも中途半端に
リノベーションやりかけの家で、
会ったこともない人と一つのバスルーム(バス・トイレ)を共有するって
ホスピタリティなのかなと思うんです。
そういう人でそういうお家だって知っていて泊まるんだったらアリかもしれないけど
会ったことない人なんだし。


それって40超えた私には単に苦行。
お金持っていて何不自由ない生活している人
だったら尚更だと思うんです。


私が彼女の立場だったら自分でお金払っていいから
ホテル取ってくれたほうが、知らない人に気兼ねしなくていいし有難いと思う。

まぁね、その辺私が思うホスピタリティとワンマンが思うホスピタリティって
全く違うんですよね。
ワンマン一家はどれだけお金使わせないかっていうのがホスピタリティと思っている。
だから、カナダに行った時も泊まる所は姉妹の家だし、
ホテルとっても義母と三人で一つの部屋。。。
というとてつもなく居心地の悪いをさせられた過去をフラッシュバック的に
思い出しました(笑)

ホスピタリティって相手にくつろいでもらうことだと思うんです。
make yourself at homeなんてわざわざ言わなきゃいけないっていうことは
相手が気兼ねしているっていうこと、
それってホスピタリティじゃないと私は思うんです。

会ったこともない人を泊める、
普通に考えたらありえない距離感だと思うんですが、
ワンマンはそれに対して全く疑問も持っていない。

10代後半だったり20前半の貧乏旅行だったらそれもアリかもしれない。

今回来るのは50代、税金を少しでも払わなくていいようにと
イギリスにペーパーカンパニーを作ろうとするだけお金を稼いでる(はずの)人。
年代もバックグラウンドも変わればホスピタリティの意味合いも変わってくるはず。
それがまったく分かってないんですよね。

人それぞれ、ホスピタリティの定義も違うし、
パーソナルスペースに対する定義も違う。

ただワンマンにとっては
会ったことない人でも潜在的顧客だし、太い客だと思うし、
ビジネスパートナーになりうる人だから泊めるという図式なんだろうけど、
ワンマンのホスピタリティを相手がホスピタリティと捉えるかはまた別の話。

逆の立場だったらそれでもいいかな?と思ったら私の答えはNOなんですが、
ワンマンはそういう思考回路はない(ような気がする。)

もう一つ私がイラっとしたのは、これはまぁいつものことだけど、
私に何も聞かずに泊めるからと決めていること。
本当にそこにムカつくんです。何かっていうとWeというように
訂正させられるんです。週末何するとかそういう話でも。
でもね、そこ訂正する前にワンマンの方でWeという意識が皆無
というように私には受け取れるんです。

だから私の意見も聞かずに泊めると決めるし、
スーパーに勝手に買い物にも行くし、
勝手に食材もオーダーする。
もうそういう人だって諦めて今は何も言わないことにしてるんです。
言ったところで話は平行線だし、
お前は結婚してから何のサポートも俺のしてることを分かろうともしないって
議論にすり替えるから。

今回も黙っておこうかと思ったんだけど、ほっといたらもっと
どんどん勝手な事するし、Our Houseなはずなのに、
今後も私の意見は聞かないで決めてしまっていいと思って疑わないだろうと。


だから、そのフランス人はクライアントだしビジネスと友情は分けるべきだし、
泊めるとしたら、もっと先でビジネスで強固な関係を築いてからであるべきだって。
勝手に泊めるって決めたことにもちょっと残念だって言ったんです。冷静に。

言ったとたん逆上、お決まりの今までお前は家のことに関して何にもしてないし、
俺のサポートもしてくれないし、
やっていることを理解しようともしてくれないという
お決まりの迷台詞でやり込めようとしてきました。
やっていることに対してやるなと言ったことはないし、
それなりに意見を聞かれれば伝えてるし、
正直そんな事を言われてもこれ以上なんて言ったらいいのか分からないのです。

なんでも賛成してくれてヤバい方に行きそうでもすごいじゃん、
どんどんやっちゃっえばって言ってほしいんだったら
私に聞く方がそもそも間違ってる。

ホントに思っている事が聞きたかったら、耳が痛い意見にも耳を傾けるべきけど、
言うとネガティブだって言うんでね(笑)
じゃあもういいや意見言うのよそうってなるでしょ?

もぅ今日も最後は本当に面倒になって、
いつものようにどこにも行きつかない平行線議論を終わらせるのに
サポートするように頑張ります。
会話になるように努力しますって終わったんだけど。。。。

だいたい、ここで一方通行なのが分かってないんですよね。
あなたは、私の気持ちを理解しようと努力したことはありますか?
私の意見を聞いてくれましたかって話ですよ。

会話にならないのは聞く耳持たないからだし、
サポートって何をもってサポートというか
明確にしない限りサポートなんてしてもらえないと分からないんですね。
サポートという言葉は使っていても
本人が明確なイメージが持てていないのが最大の問題だと個人的には思う。

ま、いつものことですが、ただただ徒労感です。

いつものごとく私の気持ちは置いてきぼりです。(笑)


故に私もこういうところでワンマンと呼んでいるのですけど。。。。


正直ちょっと痛い思いをしたらいいと思っています。
友情と、ビジネスをごちゃまぜに考えているのも腹立たしいし、
(元嫁の知り合いは俺の知り合いくらいに思っているのが本当にイラつく)
それってビジネスとしてはプロフェッショナルな態度とは言い難い。
妻をないがしろにしている(と私は捉えているんです)事にも腹が立つ。
誰かを不愉快な気持ちにさせて成り立つホスピタリティなんてありえない。

だいたいどんな仕事をしている人かも知らないし、
誰かの意見を鵜呑みにしてすごい成功している人だと思い込んでる。
成功しているという部分も私はちょっと怪しいと思っているの。
だいたい税金対策するくらいお金もってたらド素人に依頼するんじゃなく
ちゃんとプロフェッショナルを雇うほうがスムーズに事が運ぶと分かっている筈なんで。

好きなだけそろばん弾けばいいし、好きなだけすり寄ったらいいと思っています。
気が付いた時には自分が利用されてただけって言いだすと思う。
痛い目に合わなきゃ分からないんだったら痛い目にあったらいいと思っています。

だいたい妻をないがしろにした後は
ワンマンちょっとした不幸が降りかかるんですよね。
歯が折れたり、ロストラゲッジしたり、車ぶつけられたり。。。(苦笑)
天罰だって私は秘かに思ってるんですが(笑)

ふぅ。。。お茶でも淹れて気分転換します。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村